食酢と壺酢の違い

坂元のくろずは、1つの壺の中で自然に糖化·発酵が進む、世界でも非常に珍しい製法で造られています。一般的な米酢が、まず米から日本酒を造り、そこに酢酸菌などを加えて発酵させ、タンクでの熟成を経て製品に仕上げているのに対し、くろずは壺の中に原料を仕込んだら化石燃料を使わずに太陽熱だけで発酵させます。壺の中でくろず造りの工程が自然に進行するのです。そして発酵の状態を醸造技師が壺ひとつひとつ丁寧にチェックし、最良の状態で熟成させ、製品に仕上げます。このように自然の力と醸造技師の手で育まれたくろずは、独特の香りとコクがあり、味もとてもまろやかなものになります。

食酢と壺酢の比較

一般的な工場で生産される食酢(例:純米酢)の製造工程と、壺畑で造られる「坂元のくろず」の製造工程を、比較しながらご紹介します。