世界の酢

調味料の中で塩と共に起源が最も古いと言われる酢。世界各地で原料や製法の異なる酢が造られています。

坂元のくろず

鹿児島県霧島市福山町では、江戸時代後期から壺を使用した伝統的な製法で米酢が造られており、1975年に坂元醸造の坂元昭夫がこれを「くろず(黒酢)」と命名しました。「坂元のくろず」は、1年から3年もの長い時間をかけてゆっくり発酵·熟成させ造られます。また、1つの壺の中で全ての発酵が行われるこの造り方は、世界でも類を見ない製法です。