会社概要

名称
坂元醸造株式会社
代表者
代表取締役社長 坂元昭宏
創業
江戸時代後期
設立
1977年(昭和52年)3月16日
資本金
1億2,000万円
従業員数
75名(2010年11 月末)
本社
鹿児島県鹿児島市上之園町21番地15
工場
鹿児島県霧島市福山町福山4907-2

沿革

1800年頃
江戸時代後期
鹿児島県姶良郡福山町字大浦にて、壺酢の製造を始める。太平洋戦争前には24軒の製造メーカーがあったが、大戦前後原料米が途絶えた事と安価な合成酢の台頭で、ほとんどの業者が廃業を余儀なくされている中、坂元海蔵がただ一人、その伝統製造技術を守り続ける。
1966年
(昭和41年)
坂元昭夫が国立鹿児島病院に隣接して薬局を開業し、父である坂元海蔵が造った壺酢の販売を開始する。
その後、国立病院の患者に壺酢の飲用を勧めたところ、体調が良くなったとの声を多数聞き、本格的に壺酢の研究を始めると共に増産体制を整えていく。
1975年
(昭和50年)
坂元昭夫が、伝統製法で造られる純米壺酢を「くろず(黒酢)」と命名し全国発売する。
1977年
(昭和52年)
法人化し、営業拠点を鹿児島市内に移転する。
1981年
(昭和56年)
福山工場がJAS(日本農林規格)認定工場として認定される。
1985年
(昭和60年)
福山工場が鹿児島県1業種1企業1技術モデル工場に指定される。
1991年
(平成3年)
農林水産省の提唱した「ふるさと認証食品マーク(Eマーク)制度」において、壺づくり米酢(黒酢)が全国第1号として認証される。

ふるさと認証食品(Eマーク)について

1996年
(平成4年)
自社研究所を本格的に立ち上げる。
1996年
(平成8年)
農林水産省より、坂元醸造が「食品産業優良企業」を受賞する。
1998年
(平成10年)
「くろず情報館 阿萬屋」をオープン。
1999年
(平成11年)
厚生労働省(現、消費者庁)より、天寿りんご黒酢が「特定保健用食品(トクホ)」の許可を受ける。

特定保健用食品(トクホ)について

2003年
(平成15年)
農林水産省登録認定機関より、福山工場が「有機農産物加工食品(有機JAS)」製造の許可を受ける。
2006年
(平成18年)
財団法人食品産業センターより、鹿児島の壺づくり黒酢が全国ブランド「本場の本物」の第1回目認定商品として認定される。

本場の本物について

社団法人鹿児島県食品衛生協会より、福山工場が食品衛生優良施設として「鹿児島県知事表彰」を受ける。

くろず情報館 阿萬屋を「くろず情報館 壺畑」と改称してリニューアルオープン。

12月 福山工場がISO9001:2000を取得。

2008年
(平成20年)
4月 福山工場がHACCPを取得
12月 坂元醸造全社でISO9001の認証を取得。
2009年
(平成21年)
社団法人日本食品衛生協会より、福山工場が食品衛生優良施設として表彰を受ける。
2010年
(平成22年)
くろず情報館「壺畑」に併設して、『くろずレストラン「壺畑」』オープン。

厚生労働大臣より、福山工場が食品衛生優良施設として表彰を受ける。

2012年
(平成24年)
福山工場、本社及び坂元のくろず「壺畑」情報館&レストランでISO9001の認証を取得。
2014年
(平成26年)
霧島市福山町福山へ福山工場を移転。

事業所一覧

本社
〒890-0052
鹿児島県鹿児島市上之園町21番地15
TEL:099-258-1777
FAX:099-250-1555
E-mail:info@kurozu.co.jp
http://www.kurozu.co.jp
工場
〒899-4501
鹿児島県霧島市福山町福山4907-2
TEL:0995-64-7001
FAX:0995-56-1115
坂元のくろず「壺畑」情報館&レストラン
〒899-4501
鹿児島県霧島市福山町福山3075
http://www.tsubobatake.jp/
【情報館】
TEL:0995-54-7200
FAX:0995-55-2800
E-mail:info@tsubobatake.jp
【レストラン】
TEL:0995-54-7700
FAX:0995-54-7111
E-mail:dining@tsubobatake.jp