きんかん甘露煮

漬け込むレシピ

風邪かな?と思ったら・・・

くろず&きんかんで、風邪予防の強い味方!
くろずを使うとまろやかなやさしい酸味の甘露煮に仕上がります。

[楽しみ方]
長期間保存したい場合は、フタ付きのガラス瓶などを熱湯消毒して、熱い状態のきんかんと煮汁を入れるとよい。家庭用として形を気にしない場合は、きんかんを横に2つ切りにして種を出してから煮ると食べやすい。

材料

(作りやすい量)

坂元のくろず400ml(うち50mlはゆでる時に使用)

きんかん1㎏

はちみつ(または三温糖)500g

作り方

1. きんかんはきれいに水洗いし、ヘタを取る。

2. 表面にフォークやつまようじで穴を開ける。剣山の上をころがしてもよい。

3. きんかんと水を鍋に入れ、くろず50mlを入れてゆでる。沸騰後、皮をやわらかくするためにさらに3分間ゆでる。

4. 別の大鍋にくろずとはちみつを入れ、加熱しながらよく混ぜ合わせる。ゆでたきんかんを入れ、沸騰したら火を弱めさらに1分加熱。フタをして火を止め、そのまま冷ます。

5. 冷めたところでもう一度火を入れ、沸騰したら弱火でさらに1分間煮て味をしみこませる。