生産地 福山を知ることがくろずを知ること

福山の気候風土がくろずを育てる。

福山の気候風土が育む

 坂元のくろずは、1800年代の江戸時代後期に、福山(鹿児島県霧島市福山町)で始まった、世界でも類を見ない独特の製法で造られています。くろず造りの製法は、気候風土に根ざしたもので、造る場所は、蔵でもなく工場でもなく、“壺畑”。私たちは、くろず造りを農作業のように野天で行い、農作物を作るように一壺ずつ愛情を込めています。その為、壺が並びくろずを造る場所を“壺畑”と呼んでいます。

温暖な土地柄とおいしい地下水

 霧島市福山町は三方を丘に囲まれ、南向きの斜面に位置しているため昔から気候がとても温暖な地域で、年間の平均気温は18.7℃とくろずの発酵に適した土地柄です。また、三方を囲む丘は、約25,000年前にできた姶良カルデラ壁で、この中腹に蓄えられた豊富な水は、薩摩藩時代、「廻(めぐ)りの水」と呼ばれ、藩内随一の水として折り紙つきのものでした。今でも、壺畑に、この良質な地下水を引き込みくろず造りに利用しています。
殿様に献上されていた名水で仕込む。
収獲が終わり、次の仕込みを待つ壷。

商業港だった福山

 福山は薩摩藩時代、商業港として栄えていました。昔は今のように道路が発達しておらず、鹿児島から宮崎への交通は鹿児島と福山間を通る船に頼られていました。そのため福山港は、食料品から日用雑貨などさまざまなものが集まる交通の要衝として栄えたのです。福山は、このように幸いにもくろず造りに欠かせない、原料となるお米と壺が手に入りやすい場所でした。
 くろず造りに最適な気候と良質な地下水。それにくろず造りに欠かせない米と壺。いくつもの条件が重なって、くろずはこの福山で生まれ、発展していきました。